*はなひよ日誌*

♦魂の本質を知るメッセージ&スピリットアート♦お描きします。生年月日とお名前から見えたものを絵とメッセージにします。1件5000円

木のメッセージ

今日はフラッと買い物帰りに氏神さまへ行って来ました

そこでのメッセージをめもめも(。_。)φ



この木、年始だかに枝をバッサリと切られていて、
「え〜〜そんなに切っちゃったの?大丈夫?ちゃんとプロが切ったんだろうか?(失礼)この木のこと考えて切った?そんなどーでもいい木なの?!」
と、訳もわからずそんなことをふと思った日がありまして。

でも、今日改めて木を見たら、ちゃんと新しい枝や葉が生えて、生い茂っていたんです。

新しい葉がのびのびしてて、ああ、枝を剪定するのって、ちゃんと意味があるんだなぁ。
太い枝も、先がもう無いのなら切らないと。新しい枝に養分がいかないよね、とかとか。。

そう思ったとき、
だから切ったんだ。必然と。
そのときは、何なんだと、私はどうでもいいんですか?神様。。って思った。
この先のこと、これまでのこと、何一つ報われないのですか?って、悲しさやら怒りやら。
何かがいけなかったんだとか、自分が悪かったんだとか。。

あれやこれや(笑)



そっか、古いものを断ち切らないと、新しいものが入ってこない。
可能性がそこで終わっちゃう。
育たなくなっちゃう。

だから手放すんだ。
だから断ち切ることも必要なんだ。

それは罰でも何でもなくて、
魂の成長のために。
ちゃんと育ててくださってる。
先を見てくださってる。



そう思ったら、あ〜そうか、そうなんだ。。って、心が揺さぶられた。

すべては優しいんだ。
愛されてるんだ、誰もが。。

そんな気持ちになりました